/

この記事は会員限定です

32年前の夕食風景 作家 南木佳士

[有料会員限定]

食卓の置かれた部屋の壁に地味な額縁に入った1枚のモノクロ写真が掛けてある。小さな男の子が2人とひげづらの父親、童顔の母親が写っており、炬燵(こたつ)の上に並べられたじゃがいもの天ぷらなどの質素な田舎料理を食べている。どこにでもありそうな写真だが、構図やピントが決まっており、素人が適当にセルフタイマーで撮ったものでないらしいことはすぐわかる。

この写真は32年前の1月、第100回芥川賞発表を間近に控...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り467文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン