/

この記事は会員限定です

筒井康隆が「最後の短編集」急逝の息子描いた作品も

[有料会員限定]

作家の筒井康隆(86)が短編集「ジャックポット」(新潮社)を刊行した。従来から文章の意味を破壊する前衛的な作風で知られるが、今回もあふれ出るような言葉で、コロナ禍に揺れる世界や急逝した息子など、身のまわりの世界をつづる。

「意味の破壊は初期から続けてきたナンセンスギャグに通じる。もともとは喜劇映画からの影響だったのですが、後になるほど文章だけで映像にどこまで対抗できるかに力を注ぐようになりました。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1277文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン