/

連覇か「クイーン」か 将棋・女流王座戦、14日に第5局

西山朋佳女流王座(左)と里見香奈女流四冠

西山朋佳女流王座(25)に里見香奈女流四冠(28)が挑む将棋の第10期リコー杯女流王座戦(特別協力・日本経済新聞社)五番勝負の第5局が、14日朝から東京都渋谷区の将棋会館で指される。両者2勝2敗、勝者がタイトルを手にする大一番だ。

持ち時間は各3時間で、先後は当日朝の振り駒で決まる。立会人は阿久津主税八段。カド番の第4局を制し勢いに乗る西山女流王座の初防衛がなるか。里見女流四冠が永世称号「クイーン王座」の資格を手にするとともに、女流タイトル獲得数を43期として清水市代女流七段の最多記録に並ぶか。女流棋界の歴史に残る一局となる。

対局の模様は「リコー杯女流王座戦中継サイト」(http://live.shogi.or.jp/joryu_ouza/)でライブ中継します。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン