/

この記事は会員限定です

マンガ大国フランスに日本のマンガは何をもたらしたか

バンドデシネ新潮流(3) 原正人(翻訳家)

[有料会員限定]

フランス語圏のマンガ、バンドデシネ(BD)の重要な催しに毎年1月末に行われるアングレーム国際漫画祭がある。その2019年第46回大会で、日本のマンガ家高橋留美子が女性としては19年ぶり通算2人目のグランプリを受賞した。前回紹介した通り、16年第43回大会では30名のグランプリ候補者リストに女性作家が含まれていず、世間の顰蹙(ひんしゅく)を買ったわけだが、ようやく面目を取り戻した格好である。

もっと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1203文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン