/

この記事は会員限定です

月に叫んじゃえ 詩人 和合亮一

[有料会員限定]

50を過ぎた。詩人を続けて30年ほどになる。詩集は20冊を超えた。どうしてそんなに詩がひらめくのですかとある方に問われた。いや反対に教えて欲しいです。

するとアイディアの出る場所とは、昔から3つの上……「馬上」「枕上(ちんじょう)」「厠上(しじょう)」が最適とよく言われるそうです、と。なるほど。例えば私にとっての「馬上」はついこの間までは電車であった。窓を流れる景色をぼうっと見てると何かがひらめく...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1637文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン