/

この記事は会員限定です

移民の苦難と家族の絆 映画「ミナリ」

[有料会員限定]

1980年代、米国南部のアーカンソー州にやってきた韓国人移民の一家が苦難の末に根を下ろす。その様子を韓国人移民の子で米国生まれのリー・アイザック・チョン監督が自身の家族をモデルに描いた。

農業での成功を夢みるジェイコブ(スティーヴン・ユァン)は上機嫌だが、荒れ地とみすぼらしい車輪付きの平屋を目にした妻モニカ(ハン・イェリ)の気分は落ち込こんだ。娘アンと息子デビッドは気にもしていないようだが。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り640文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン