/

この記事は会員限定です

俳句は文学だ 水原秋櫻子が目指した主観と抒情の復権

いま読む新興俳句(1) 神野紗希(俳人)

[有料会員限定]

昭和初期に勃興した「新興俳句」は現代俳句に道を開く文芸運動だった。俳人の神野紗希氏がその歴史を解説する。

俳句と聞いて何を思い浮かべるだろう。桜や紅葉、四季折々の自然を詠む風流な趣味? 筆で短冊に一句したためる姿? テレビの添削番組も人気だが、先生も和装だ。季語と575の定型を固持する守旧派文芸の印象は、いまだ根強い。

しかし、実際の現代俳句は、和の伝統の範疇(はんちゅう)にとどまらない多様性をも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1342文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン