/

この記事は会員限定です

「日々翻訳ざんげ」田口俊樹さん

 正確なだけではつまらない(あとがきのあと)

[有料会員限定]

「若いときは、翻訳は大変だと言うべきだ、こうでなきゃいかんという気持ちもあったけど。40年やっているうちに、そんな真面目にやってないよなあって」。手掛けた訳書200冊のベテランはおおらかに笑う。

ローレンス・ブロック、ジョン・ル・カレ、レイモンド・チャンドラーら、海外ミステリー好きなら名前を聞いただけでときめく作家たちの小説を翻訳し、日本の読者に届けてきた。本書は自身の訳書を再読して「かっこつける...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り661文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン