/

この記事は会員限定です

横尾忠則、集大成の個展

幼少時の記憶呼び覚ます 素の姿見せ新たな挑戦

[有料会員限定]

横尾忠則(84)が、美術家人生を集大成する大規模な個展を愛知県美術館で開いている。ジャンルを超えて活躍する全身芸術家は、「想定外のことが起こってこそアート」と、コロナ禍の今も新たな挑戦を続けている。

6月に85歳になる横尾忠則は、一つの場所に安住していない。4月11日まで名古屋市の愛知県美術館で開催中の大規模な個展「GENKYO 横尾忠則」は、7月17日から構成をガラリと変えて東京・木場公園の東京...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1577文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン