/

この記事は会員限定です

舞台と人生(10)劇作家 山崎正和

おにぎりも文化も両方必要だ  編集委員 内田洋一

[有料会員限定]

阪神大震災が起きた1995年1月17日早朝、山崎正和さんは風邪をひいて寝こんでいた。兵庫県西宮市の自宅で激しい揺れに見舞われたが、無事だった。そのとき60歳、ふらつきながらも、ぎりぎり電車の通じていた阪急の西宮北口駅まで歩く。別邸に避難するためだった。駅に近づくにつれ、震度7によるすさまじい破壊の跡をみる。

「闘わないといけないな」

最初の思いが兆すと、体に力がみなぎってきたという。おごる文明への天罰だという「天譴論(てんけんろん)」がおこると予感したのだ。「社交する人間」や「柔らかい個人主義の誕生」を著し、都市文化の大切さを説く論客は、文明の擁護者という役を自らに振ったのだろう。大震災は一世一代の舞台となる。

被災地は水とおにぎりがなにより必要だ。こんなときに芝居どころじゃない。それが大方の見方だった。敢然、山崎さんは「おにぎりも文化も両方必要だ」と言挙げし、今こそ芝居を上演しようと猛進した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1544文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン