/

将棋・西山女流王座、都内で就位式

将棋の第10期リコー杯女流王座戦(特別協力・日本経済新聞社)五番勝負を制した西山朋佳女流王座(25)の就位式が12日、東京都内のホテルで開かれた。日本将棋連盟の佐藤康光会長が女流王座就位状を、リコーの山下良則社長が優勝杯や記念品などを手渡した。

前年と立場を入れ替えての再戦となった里見香奈女流四冠(28)との五番勝負を激戦の末3勝2敗で制し、女王・女流王将と合わせ三冠を維持した西山女流王座。「なんとか逃げ切った形での防衛となりました。結果は幸いしましたが、今回の反省を踏まえて、来期はいい内容の将棋が指せるように精進したいと思います」と抱負を語った。

コロナ禍を考慮し、式は関係者のみで行われた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン