/

この記事は会員限定です

資本主義の悪弊炙り出す 映画「グリード」

[有料会員限定]

服飾の世界は時代に応じて盛衰が見られる。かつてのオートクチュールから第2次大戦後のプレタポルテへ。そして現在は、2000年代に登場した大量生産による低価格のファストファッションが世界の服飾界を席巻している。

そんなファストファッションで大成功を収めたリチャード(スティーヴ・クーガン)という人物を主人公に、その人生と商売のやり方を通して、大量消費時代を象徴するファストファッション産業の裏側と人間の欲...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り623文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン