/

この記事は会員限定です

3密回避、番組制作に新手法 若い視聴者取り込みに力

回顧2020 放送

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大は、放送にも大きな影響を及ぼした。広告収入の減少やイベント中止といった放送局の経営面だけでなく、根幹の番組づくりを直撃した。テレビの制作現場は密閉、密集、密接の3密になりがちなうえ、もともとタイトな日程で収録することが多い。感染拡大で収録が停止に追い込まれ、放送中断や新番組の放送延期を余儀なくされるケースが相次いだ。

NHKの大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」と連続テレ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1225文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン