/

この記事は会員限定です

文庫本も大台突破の時代 作家 堂場瞬一

[有料会員限定]

初めての本が刊行されてから今年で20年になる。どんな業界でも、20年も仕事をしているといろいろな裏事情に通じるものだが、私の場合、部数に敏感になった。

例えば書店で本を見ただけで、「ページ数がこれで、装丁がこんな感じでこの価格だと、初版の部数はこれぐらいかな」とだいたい分かってしまう。下世話な話だが、部数と定価は作家にとって死活問題なので、他人の本のことであってもやはり気になるのです。

20年の間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1096文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン