/

新選考委員に角田光代氏 第13回応募要項

第13回から、選考委員に角田光代氏が加わり、辻原登氏、髙樹のぶ子氏、伊集院静氏との4人で選考に当たります。

かくた・みつよ 1967年横浜市生まれ、早稲田大学第一文学部卒。90年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞して作家デビュー。2005年「対岸の彼女」で直木賞受賞。他の作品に「八日目の蟬」(中央公論文芸賞)「紙の月」(柴田錬三郎賞)など。

応募要項

応募資格 日本語による自作未発表作品。新人に限らない。二重投稿は失格(他の文学賞で公表された最終候補作も応募不可)。

◇枚数・応募方法 400字詰め原稿用紙300枚から400枚程度。1200字以内の内容要約文と題名、枚数、氏名(筆名の場合は本名も)、住所、電話番号、メールアドレス、生年月日、現職、略歴を明記した別紙を必ず添付してください。ワープロ原稿の場合、A4判用紙に縦書きで印刷し400字詰め換算の枚数を明記のこと、両面印刷は応募不可。原稿用紙もしくは印刷用紙での郵送に限ります。

◇応募受け付け・締め切り 2021年4月1日受け付け、6月30日締め切り(当日消印有効)。

◇宛先 〒134-0086 東京都江戸川区臨海町5-2-2 日経BP読者サービスセンター「日経小説大賞」係。同センターでは本賞に関する問い合わせには応じられません。

◇発表 2021年12月の日本経済新聞朝刊。同年10月に最終候補作発表。

◇賞金 500万円。受賞作は出版。

◇注意事項 応募作品は返却しません。選考に関する問い合わせには応じられません。受賞作の出版権、映像化権などの二次的権利はすべて日本経済新聞社と日経BPに帰属します。

第12回授賞式は日経電子版でライブ配信

第12回日経小説大賞の授賞式は、2021年2月17日、東京都千代田区の日経ホールで開催します。

授賞式の第1部は受賞者、天津佳之氏への贈賞式。第2部は辻原登、髙樹のぶ子、伊集院静の選考委員3氏に、天津氏も加わっていただく座談会を行います。

選考委員各氏が第12回の選考を振り返り、受賞作についての評価などを話し合うとともに、小説の現状と課題などについても議論していただきます。

授賞式の模様は日経電子版でライブ配信します。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン