/

この記事は会員限定です

日常空間での緊迫の脱出 映画「RUN/ラン」

[有料会員限定]

アニーシュ・チャガンティは、巧みな場面設定と意外性に満ちたアイデアにより低予算でも優れたサスペンス映画を作る監督だ。

初長編『search/サーチ』で劇中に映し出されたのは、ほぼパソコンの画面のみ。その限定された設定を存分に活(い)かして、失踪事件の捜査をスリリングに描いてみせた。

そして、本作でも「限定」が巧みに使われている。

主人公のクロエは、幼い頃から身体に多くのハンディキャップをもっていた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り617文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン