/

この記事は会員限定です

現代アートを街に開く 青森の挑戦

[有料会員限定]

青森県で現代アートを身近に感じてもらうための試みが広がっている。弘前市では7月、長い間市民に親しまれてきた建物を改装した「弘前れんが倉庫美術館」が開館。県内の他の4館と連携も始め、県全体で美術関連の情報発信に努める。

弘前れんが倉庫美術館で開催中の小沢剛の個展「オールリターン」(2021年3月21日まで)。青森出身の劇作家、寺山修司に焦点を当て、事実とフィクションを交えた絵画や映像で構成する新作「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1620文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン