/

この記事は会員限定です

ベルリン銀熊賞 濱口監督会見「役者との長い時間が結実」

[有料会員限定]

第71回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(審査員大賞)を受けた「偶然と想像」の濱口竜介監督(42)が6日、オンラインで記者会見した。濱口監督は「役者のみなさんが素晴らしい形で画面に映ってくれて、それが海外に伝わった。とても長い時間を一緒に費やしてやったことが、この結果に結びついたことをうれしく思う」と語った。

商業上映の機会が限られる短編映...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り822文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン