/

この記事は会員限定です

箱根駅伝 法政大学総長 田中優子

[有料会員限定]

新型コロナでどうなるかと案じていたが、街道での応援無し、というルールで今年も箱根駅伝がおこなわれた。法政大学はユーチューブの応援中継をし続けたが、残念なことに今年もシード権を逃した。

駅伝の正式な読み方は「うまやづたい」である。公用のために各駅に常備されていた馬のことで、律令制のときにできた。出張前、官僚たちは重厚な鈴を受け取る。これを駅鈴と言い、鈴の刻みの数が使用を許される馬の数であった。官僚で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り460文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン