/

この記事は会員限定です

見直された本の力 「巣ごもり」の中、心の支えに

「鬼滅」人気沸騰、感染症扱う小説も話題 回顧2020

[有料会員限定]

コロナ禍は出版界にもさまざまな影響を及ぼした。出版科学研究所がまとめた2020年の書籍・雑誌の推定販売金額(1~11月)は前年同期比1.9%減の1兆1088億円で、減少幅はこの10年で最も小さかった。外出自粛で家にいる時間が増え、一人で楽しめる読書が見直された。雑誌は社会現象ともなったコミックス『鬼滅の刃』がけん引。19年は同5.0%減だったが2.1%減と減少に歯止めがかかった。書籍は同1.7%減...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り863文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン