/

この記事は会員限定です

靴を磨く 作家 南木佳士

[有料会員限定]

きっかけはNHKのテレビ番組だった。東京都心のビルの一角で靴を磨く職人たちの仕事ぶりや、そこに来る客たちの様子を静かに取材したものだ。思い入れのある古い靴が丁寧に磨かれて品の良い艶が出たときにもれる客の笑顔や、靴を見ればそのひとがわかる、と断定する高齢女性の意見など、それまであまり自覚しなかった靴の手入れの大事さを思い知らされた。

そこで、沖縄で働く次男が定年退職の祝いに那覇市で購入して贈ってくれた、足型に合わせた茶色の軽い靴を磨くことにした...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り413文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン