/

この記事は会員限定です

100歳の画家・野見山暁治 カンバスに映す心のうち

[有料会員限定]

2020年12月に100歳になった画家、野見山暁治の個展「100歳記念 すごいぞ!野見山暁治のいま」展が9日、東京を皮切りに開幕する。出品するのは1980年代以降の作品を中心に約60点。その大半が00年代以降の近作だ。旺盛な創作意欲はおとろえず、新型コロナウイルス禍の昨年に制作した大作も含まれる。

昨年12月、東京都内のアトリエを訪ねると、10月いっぱいかけて完成させたという大作が壁に立てかけられ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1621文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン