/

この記事は会員限定です

通信大手、アート鑑賞の世界広げる

デジタル技術で文化財を体験

[有料会員限定]

通信企業大手がアート分野の開拓に挑んでいる。デジタル技術を駆使した鑑賞方法の提供のほか、AR(拡張現実)を使った体験など、新たな楽しみ方が広がっている。

坂道を行く人々が急な風雨に遭う様子を描いた歌川広重の「東海道五十三次庄野 白雨」の浮世絵に映像が重なる。画面には激しい雨が降り注ぎ、稲光が光り、木々はざわめく。東京都新宿区のNTTインターコミュニケーション・センター(ICC)で開催中の「Digi...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1359文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン