/

この記事は会員限定です

中央集権から再分権化へ 中国共産党100年の曲折

早稲田大学名誉教授 天児慧(今を読み解く)

[有料会員限定]

ここ数年間の中国関係について出版された書物から、中国共産党100年史を概観してみよう。久保亨ほか『現代中国の歴史 第2版』(東京大学出版会・19年)は、共産党史をより大きな枠組みで、すなわち第1版では少なかった香港・台湾を取り込み、現代中国の全時代をカバーしている。最初に「中華民国の誕生」を扱っているが、それは思想的にも制度的にも中華人民共和国に強く連動しており、現代中国の理解に重要である。

人民...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1375文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン