/

この記事は会員限定です

有料配信ライブの可能性開く コロナ禍、作品にも昇華

回顧2020 音楽

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響で春以降、多くの公演や音楽祭が中止、延期を余儀なくされた。音楽家は人前で演奏できず、人と一緒にレコーディングも合同練習もできない状況に追い込まれた。

そんな中で、びわ湖ホールが3月に無観客で上演したオペラ「神々の黄昏(たそがれ)」を無料配信し、延べ41万人が視聴した。さらにシンガー・ソングライターの星野源が4月初旬に自宅からSNS(交流サイト)で新曲「うちで踊ろう」を発表し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1215文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン