/

この記事は会員限定です

国道番号どう付けた? 「1級」は1~2桁、欠番もあり

くらしの数字考

[有料会員限定]

車や人の往来、物流などを支え、主要な都市間を結ぶ国道は重要な社会的インフラだ。その国道には必ず番号が付けられている。その歴史的経緯やナンバリングの法則を調べた。

国道番号の起源は明治時代

まず向かったのは、江戸時代に五街道の起点となった東京の日本橋。明治時代には、この橋が全国の国道の起点と定められ、車道中央にブロンズ製の元標が埋め込まれている。北西の広場にはレプリカが設置され、「日本国道路元標」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1979文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン