/

この記事は会員限定です

運転席、電車はなぜ左? ヒントは信号機に

鉄道の達人 鉄道ジャーナリスト・梅原淳

[有料会員限定]

日本では自動車も鉄道も左側通行が基本だ。でも、自動車は運転席が右(右ハンドル、輸入車を除く)なのに、多くの鉄道車両は左側に運転席がある。

自動車に右ハンドルが採用された理由はドライバーならわかるだろう。交差点を右に曲がるときに右ハンドルでないと死角が増え、運転しづらいからという理由が代表的なものだ。

では鉄道で運転席が左側にあるのはなぜだろうか。それは、線路脇の信号機が通常、線路の左側に建てられて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2233文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン