/

この記事は会員限定です

65歳からのお仕事図鑑 業種は?時給は?

人生100年の羅針盤・長く働くために

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

人生100年時代を迎え、シニア世代のセカンドキャリアに注目が集まっている。「70歳まで働ける社会」に向けて国や企業は対応を進めるが、全員がそのまま今の職場で働き続けられるわけではない。終身雇用が大前提だった世代の多くが、数十年ぶりに直面する「お仕事」探し。リアルな選択肢を探ってみた。

労働政策研究・研修機構の調査(2019年)で「65歳以上の希望者全員をできるだけ雇用したい」とした企業は42.7%で半数以下。一方、総務省の労働力調査(2020年)では、65歳以上の役員を除く雇用者約510万人のうち、パートや派遣など非正規が約390万人と8割近い。嘱託などの形で働き続ける道もあるが、「今の職場から離れ、非正規で働く」のは現実的な選択肢だ。

マイナビの調査では「販売・接客」「警備・交通誘導」「清掃」「介護」「事務・デー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1183文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン