/

この記事は会員限定です

こども家庭庁どうあるべきか 期待と課題、識者に聞く

[有料会員限定]
少子化や貧困など子ども施策を担う「こども家庭庁」が2023年4月発足する。効果的に支援を進めるには何が必要か。経済同友会で同庁に関する提言をまとめた日本マクドナルドホールディングスの日色保社長、国内外の子ども施策に詳しい日本総合研究所の池本美香上席主任研究員に聞いた。

社会で支える意識重要 日本マクドナルドHD社長・日色保氏

――こども家庭庁をどのように評価していますか。

「子ども施策が大きく進...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1833文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン