/

この記事は会員限定です

無印良品アートディレクターが問う 「デザインの役割」

デザイナー・原研哉さん(人間発見)

[有料会員限定]
無印良品、蔦屋書店などの広告やロゴデザイン、アートディレクションで知られ、グラフィック業界をリードしてきたデザイナーの原研哉さん(63)。無印良品ではアドバイザリーボードメンバーも務める。活動は展覧会の企画や住宅デザインにも及び、幅広い分野で「デザインの役割とは」を追究する。

メディアが変わり、紙媒体が少なくなりました。メーカーが美しいカタログやコマーシャルで製品イメージをつくり、それを消費者が受け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5742文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン