/

この記事は会員限定です

遠い幼保一元化、子ども二の次 縦割り行政と既得権が壁

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

縦割り行政をなくす子ども庁構想が浮上したのに幼保一元化が進まない。幼稚園、保育所、認定こども園は3省庁が別に管轄する三つどもえだ。海外は人材戦略として幼児教育を強化する。日本は40年以上議論しながら、子ども二の次の既得権益が阻む。弊害は行政の無駄にとどまらない。次世代育成の戦略を欠いたまま、泣きを見るのは子どもたちだ。

横浜市の40代の女性会社員は2人の子を2歳まで認可保育所に預け、3歳から幼稚園...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2528文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

Inside Out

現代の日本、世界が直面する構造問題の根っこに一体なにがあるのか。未来志向の「解」を求めて、記者が舞台裏や歴史を徹底的に探ります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン