/

この記事は会員限定です

日本の研究風土に風穴 宇宙のナゾに迫る物理学者

米カリフォルニア大学バークレー校教授・村山斉さん(人間発見)

[有料会員限定]
米カリフォルニア大学バークレー校教授の物理学者、村山斉さんは東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)の初代機構長として同機構を世界に知られる研究所に育てた。物理学と数学、天文学の異分野の研究者が手を携え宇宙のナゾに挑む。日本の慣習にとらわれない運営で科学研究の世界に新鮮な風を吹き込んだ。

2007年に機構長になったとき、5つの目標を掲げました。

宇宙はどうやって始まったのか。何で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5643文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン