/

この記事は会員限定です

コロナ下の少子化対策は 女性任せ脱却・若い夫婦支援

[有料会員限定]

新型コロナウイルスは少子化にも深刻な影響を及ぼしている。2020年5月以降、妊娠届が前年比を大きく下回り、出産を先送りする産み控えが広がっている気配だ。長年の少子化トレンドに歯止めがかからない中で生じた緊急事態。どうすれば少子化の流れを変えられるのか。2人の識者に話を聞いた。

「子供に不寛容な社会変える」

アジア開発銀行駐日事務所代表・児玉治美氏

――長らく海外で暮らし、2019年に18年ぶりに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2335文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン