/

この記事は会員限定です

コロナ禍、女性の雇用直撃 格差解消への対策必要

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの長引く流行が女性の仕事や生活に打撃を与えている。雇用は不安定になり、家庭では家事や育児、介護の責任がのしかかる。どのような支援が必要か。政府の有識者会議「コロナ下の女性への影響と課題に関する研究会」の座長を務める白波瀬佐和子・東京大学教授(人口社会学)に聞いた。

――コロナ禍は特に女性に影響を与えたといわれる。

「コロナは飲食業など対面型のサービス業を直撃した。誰が働いているか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1604文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン