/

この記事は会員限定です

給与所得者の節税5カ条 保険料や医療費で控除

(更新) [有料会員限定]

年末調整の季節。税金が源泉徴収される給与所得者にとっては、払い過ぎた分が還付される貴重な機会だ。様々な控除制度を活用した節税策のうち、代表的な5つを確認してみよう。

1つ目は、ふるさと納税。年収による上限はあるが、寄付額から2000円を引いた分が翌年度の住民税から控除される。もともと確定申告が不要な年収2000万円未満の給与所得者の場合、寄付先が年間5自治体以内であれば「ワンストップ特例制度」を選...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1286文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン