/

この記事は会員限定です

新卒採用の解禁時期 学業阻害が最小限になるよう見直し

就活のリアル(海老原嗣生氏)

[有料会員限定]

前回まで企業側の新卒採用ルールについて、これをなくして自由化すると大変なことになると、過去の歴史を振り返り書いてきた。採用ルールはしっかり維持し、学業阻害が一番小さくなるように設定すべきだろう。今回は、現状の課題点と対策について考える。

今の就活ルールは3月広報解禁、6月面接解禁というスケジュールだが、学業阻害が大きい。大学4年の前期がまるまる企業説明会と面接で埋まってしまうからだ。前期試験なども...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り859文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン