/

この記事は会員限定です

家事不均衡、在宅で拡大の怪 性別の役割意識強く

[有料会員限定]

新型コロナウイルス下で在宅勤務をはじめ柔軟な働き方が広がる。誰もが家庭にかかわりやすくなったと思いきや、世界的に夫婦の間で家事や育児に充てる時間の差が拡大している。日本も例外ではない。女性の所得向上を掲げる岸田文雄政権にとっても無視できない現実だ。不均衡が改まらなければ、性別を問わず働きやすい社会づくりはおぼつかない。

家事・育児の負担はもともと女性に偏る傾向があった。経済協力開発機構(OECD...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2502文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

Inside Out

現代の日本、世界が直面する構造問題の根っこに一体なにがあるのか。未来志向の「解」を求めて、記者が舞台裏や歴史を徹底的に探ります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン