/

この記事は会員限定です

存在感示す「若きハンター」 駆除だけでなく肉も活用

[有料会員限定]

増えすぎたイノシシ、シカなどの鳥獣害対策で20代の若者が存在感を示している。狩猟サークルを作り、狩猟技術の習得に励むとともに、と畜して自分で食べたり、肉の有効活用まで考えたりするのが「若きハンター」らの特徴だ。

「世界が広がった」 20代で狩猟免許取得 

「猟師さんからミカンをたっぷり食べて育ったイノシシと教えられたが、確かに甘くておいしい肉だった」。3月中旬、愛媛県今治市の岡村島でイノシシ駆除の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1627文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン