/

この記事は会員限定です

入山章栄教授が解説 女性活躍の進め方

日経・プロネッドの女性社内役員調査より

[有料会員限定]

日本経済新聞社と企業統治助言会社プロネッド(東京・港)が2021年1~3月、大企業を対象に共同で実施した調査によると、社内役員に占める女性比率は平均7%だった。経団連は役員の女性比率を30年までに30%以上に高める目標を打ち出している。女性活躍にはどんな視点が必要か。早稲田大学ビジネススクールの入山章栄教授(マネジメント論)に聞いた。

――近く改訂されるコーポレートガバナンス・コードでは女性登用が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り584文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン