/

この記事は会員限定です

[社説]高齢化に耐える社会保障改革案を示せ

21衆院選

[有料会員限定]

衆院選が19日公示され、31日の投開票に向けた選挙戦が始まった。大きな争点のひとつが、少子高齢化に伴う国民の将来不安をどうやって解消するかだ。

日本の高齢化はこれからが本番だ。いま約1877万人いる75歳以上の後期高齢者は2025年には約2180万人まで増え、総人口に占める割合は15%から18%まで上がる。だが各政党から危機感はあまり感じられない。

年金、医療・介護など社会保障の給付は00年度に7...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り704文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン