/

この記事は会員限定です

ハンコのたしなみ そのひと押しが私を表現し、証す

 NIKKEI The STYLE

[有料会員限定]

ハンコを取り巻く環境が慌ただしく変化している。デジタル化の推進、公文書での押印省略といった脱ハンコの流れの一方で、その味わいを見つめ直そうとする動きがじわりと広がっている。素材や印影にこだわり、自らを表現する「特別な逸品」として魅力を高める。時代によってもハンコの位置づけは大きく変わる。ハンコを持ち、ハンコを押すことは何を意味するのだろうか。

私らしさをその姿に込め

黒と銀の筋が表面を波打ち、手に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3953文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン