/

この記事は会員限定です

危険な通学路、子どもを事故から守るには AI活用も

[有料会員限定]

千葉県八街市で下校中の児童が死傷した事故をきっかけに、通学路の危険から子どもをどう守るかに改めて関心が集まっている。近年は住民が行政に働きかけて車の速度を抑える改修につなげたり、人工知能(AI)の活用で危険を分析したり、といった試みが広がる。家庭でできる備えを含め、地域ぐるみで安全を模索する動きを探った。

横浜市緑区の斎藤利雄さん(76)は毎朝、自宅前の通学路に立ち、近くの市立中山小学校に通う児童...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1557文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン