/

この記事は会員限定です

「日本のいちばん長い日」余話、千葉で零戦の機体発見

[有料会員限定]

本土決戦か、無条件降伏か――。半藤一利さんの著書「日本のいちばん長い日」は、1945年8月15日正午の昭和天皇の玉音放送に至るまでの激動の24時間を、関係者の証言で浮き彫りにした。

クーデターを画策する陸軍の一派は、阿南惟幾陸相の決断に期待した。が、ポツダム宣言受諾の方針に抗議の辞職をせず自刃した。「聖断」に従ったのだ。本書は映画化され、三船敏郎が阿南を演じた。

一方、終戦の詔書が放送される数時...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り867文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません