/

この記事は会員限定です

高齢社会をデザインする 全世代の「納得」がカギ

日本私立学校振興・共済事業団理事長/労働経済学者 清家篤さん(人間発見)

[有料会員限定]
労働経済学者で慶応義塾前塾長の清家篤さん(66)は、豊かで持続可能な高齢日本の社会保障モデルを一貫して追求してきた。2012年の社会保障制度改革国民会議で会長を務め、今月中に最終報告が出る全世代型社会保障検討会議を理論的にリードする。

福沢諭吉の言葉に「学者は国の奴雁(どがん)なり」があります。日本銀行総裁だった前川春雄氏も引用した言葉ですが、奴雁とは仲間の雁が餌をはんでいる間、難に備えて周囲に注意...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5743文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン