/

この記事は会員限定です

土器のある風景 ワインや料理の底力引き出す

NIKKEI The STYLE

[有料会員限定]

野焼きの火で焼いた自然の土の質感が心地よい。太古から人々の暮らしとともにあった土器は、過去のものかと思いきや、実は今も普段使いする人がいる。野菜を煮炊きしたり、ワインを飲む器として使ったりすると、本来の味わいが引き出されるという。その質感やデザインに魅せられて「現代の土器」の創作に取り組む作家もいる。今も使い手や作り手をひき付けてやまない存在を見つめ直してみよう。

暮らしの器として味わう

古書やア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4100文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン