/

この記事は会員限定です

ツリーの光を灯し思うこと 岸本葉子さん

[有料会員限定]

常ならぬ1年でも季節は巡り、駅ビルや百貨店には金の星をいただくツリーが。クリスマスシーズンの到来だ。

毎年イブの前後の日曜日、きょうだい2人と時にその子どもが私の家で集まる。持ち寄りのもので夕食をとり、お茶とお菓子で長話。父亡き後の習わしである。

話すことは主に介護のときのあれこれ。長い在宅介護の間には、ぞんざいに対応してしまったとか、あの判断がまずかったかとか、いまだ気にしていることが誰にもあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り755文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン