/

この記事は会員限定です

2021年とその先へ 社会の多様性実現に弾みを

橋本男女共同参画担当相/柄沢三井住友海上会長

[有料会員限定]

政府と経団連はそれぞれ中長期の戦略を策定し、2021年以降、女性活躍などのダイバーシティ政策に力を入れる。国際社会で日本は大きく遅れており、経済社会を発展させる上でスピードアップが必要だ。橋本聖子男女共同参画担当相と経団連でダイバーシティ推進委員会の委員長を務める三井住友海上火災保険の柄沢康喜会長に具体的な取り組みを聞いた。

「若い世代の声を意識」男女共同参画担当相 橋本聖子氏

――第4次男女共同...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2429文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン