/

この記事は会員限定です

若者こそ昆虫食 食糧危機に「当事者意識」

肉・魚の持続性にも寄与

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

昆虫食が身近になってきた。とりわけ必要なエサが圧倒的に少なく環境負荷が小さい栄養源としてコオロギが注目される。大手企業が商品化し、環境問題に敏感な若者も普及を進める。食糧問題解決の可能性を秘めた食材の力に迫る。

「昆Tuber」の肩書でユーチューブなどを活用して日々昆虫食の普及に努める清水和輝さん(21)。人類が肉や魚を食べ続けるためには昆虫食が必要だと訴える。どういうことか。

たんぱく質1キログ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1768文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン