/

この記事は会員限定です

買い物は無理なく促す 企業、当事者目線で認知症支援

利益分かち合い、新たな「共生」目指す

[有料会員限定]

認知症の人を企業が当事者目線で支える取り組みが広がっている。買い物を楽しめる環境を整え、トイレや床のデザインを工夫して外出を促す。政府が「予防」と「共生」を柱に据えた認知症施策推進の大綱をまとめてから2年あまり。認知症の人と企業が無理のない形で利益を分かち合う新たな試みとして、その効果が注目され始めている。

岩手・宮城県内に21店のスーパーを展開するマイヤは2019年から「スローショッピング」を始...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1734文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン