/

この記事は会員限定です

終活もジェンダーレス 墓や戒名、LGBTQに対応

[有料会員限定]

性別にこだわらない葬儀やお墓に対応する動きが仏教界に広がっている。体と心の性が一致しない人の望む戒名や、同性愛者同士のお墓。「家制度」と密接な関係にある慣習にとらわれず、多様な個人に応えようとする試みでもある。

浅草にある浄土宗の清光寺(東京・台東)。住職の岡本幸宗さんには、体と心の性が一致しないトランスジェンダーから戒名に関する相談が舞い込む。

「我々は積極的に性別の問題にかかわるべき」。岡本さ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1799文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン